スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  --.--.--

2014/11/24 mon indust-film GIG Vol.3

CoM0 TrB0
2014/11/24 mon
indust-film GIG Vol.3
映画上映会


独立体制(インディペンデント)で映画製作を行っている
indust-filmが2年ぶり3度目の上映会を行います。
上映ラインナップはSKIPシティ国際Dシネマ映画祭2009、
モナコ国際映画祭2010で上映され、
都内では初めての上映となる「カケラ」と最新作品を2本、
合わせて、関連監督作品も2本お届けします。
是非、この機会にインディペンデント映画の世界を体験して下さい。


日時:2014/11/24(月)
   12:00〜19:30(4プログラム)
    開場は各回15分前

場所:阿佐ヶ谷 ちいさな学校劇場
   東京都杉並区阿佐谷北2-12-19地下1階
    JR中央線・総武線 阿佐ヶ谷駅 北口より徒歩3分
(新宿より快速で8分 土日祝日は各駅停車をご利用下さい)
1)阿佐ヶ谷駅北口を出て左、線路沿いの「スターロード商店街」に入る
2)居酒屋「かまどか」を右に曲がりまっすぐ
3)コインパーキングのある十字路を左に曲がると左手に地下劇場へ
下る階段があります。


料金:各プログラム¥1,000
   (C「青空」のみ¥600)
   全プログラム鑑賞チケット¥2,500

+++++上映ラインナップ(4プログラム全6作品)+++++++++++++++

programA;12:00~14:20

「カケラ」 131分
監督・脚本・撮影・編集:村上祐介
出演:松江貴広/桑田尚典/サイラス 望 セスナ
<あらすじ>
幼少時に親に捨てられ、人知れぬ孤独感を抱えている松江貴広は、
ある日、ホームレスの少年に出会う。
自分とよく似た境遇のその少年にシンパシーを感じた始めた貴広は、
ある出来事がきっかけで、一緒に住まないかと切り出す。
そんな中、アルコールに倒れた外国人も介抱する事に・・・。
孤独な人達のつつましい交流が始まる。
カケラHP>>>
上映後、音楽担当:apatmentさんに
生演奏してもらえる事になりました!!!!




programB;14:40~16:10

「家族ごっこ」 49分
脚本・監督・撮影・編集:岡本泰宏
出演:みなかわあい/清水斐子/吉田隆太
<あらすじ>
最愛の母を亡くし傷心のアヤコ、幼い頃に両親共に亡くしたカズミ。
アヤコの母が入院していた病院で出会った2人は、
互いに欠けているものを埋められるのではと
家族として一緒に生活を始めるが・・・。
全ては仕組まれたことだった。


honne main
「ボクノホンネ」 1分
脚本・監督・撮影・編集:岡本泰宏
出演:吉田隆太 吉田麻衣子 吉田龍ノ介
<あらすじ>
『ありがとう』をテーマに、実際の親子を用いて
製作したショートムービー。



「ずっと蒼く」 29分
監督:保母海里風 撮影:岡本泰宏 製作:HOYS Film Partners
出演:木口健太/和泉ちぬ/須藤温子
<あらすじ>
夢を追って上京した青年、琢海(たくみ)。都会に揉まれ、
がむしゃらに生きる中でいつしか追っていた
夢すらも忘れてしまうのだった。そして10年後、琢海は
全てを投げ出して地元に帰るものの、そこには病床に伏す
盲目の母、恵子(けいこ)の姿が。
死期が近づく母の言葉に励まされ、琢海は少しずつかつての
夢を再び抱いていく。そして母への最後の親孝行を果たすべく、
琢海がとった行動とは。


programC;16:30~17:10

「青空」 30分
監督・脚本・撮影・編集:村上祐介
出演:山本明/黒川瑠久/池谷祐子/中野健治/
   高木悠衣/黒部ななか/木村光比古
<あらすじ>
「どんな仕事だって 自分が好きでやってる仕事なら
誇れるじゃないか!
八百屋さんだって 弁当屋さんだって ゴミ収集の人だって
サラリーマンだって!すごい仕事じゃんかよ!
先生だって 夢おっかけてかっこいいじゃんか!
みっともないなんて言うな!」


programD;17:30~19:30

「僕たちのマーチ」 112分
監督・脚本・編集:村上祐介 撮影:岡本泰宏
出演:中井和味/吉田隆太/よこえとも子/高木公介/森垣邦彦/
木田健太/高尾慎也/箱木宏美/白井久子/二階堂まり/藤井正子/
橋本智哉/山崎智恵/平吹正名/加藤貴広/筧十蔵/海神みなみ/
<あらすじ>
不妊治療を続けながら、義理の親との関係に悩む香織、
同性の恋人・とうたと日々を送りながらも、親の将来や
結婚へのプレッシャーを感じている修。
30歳を目前に、自分の将来に漠然と不安を抱えている美奈。
そして、妻が急逝し、その傷を癒せないでいる陽一。
突きつけられる様々な事柄の中で、自分の人生をどう生きていくのか、
自分なりの答えを見つけ出そうとする人達を描く群像劇。



チラシ表_ネット用
チラシ裏_ネット用



スポンサーサイト
上映関連  2014.11.01

プロフィール

カテゴリ

月別アーカイブ

 

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。